読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fragrance of syrup

うつ病・HSP持ちのどうしようもない思考記録

I・N・M

誰も私のことを必要としていないということが事実であったなら、それはとても悲しいことだけど、せめて私だけは私を必要としていたい。

I need myself.

syrup16g のI・N・Mを聴きながら思ったこと。

 

 

 

カウンセリングをやることになった

新年一回目の精神科。

年末は仕事が忙しく大きな仕事があったり、忘年会や仕事納めの幹事をやったりとてんてこまい、さらに先輩が不機嫌な日が多く、それに振り回されていたこと、家では、発達障害父親の不機嫌に振り回され、ストレスが募りに募り、毎日毎日「死にたい死にたい」、仕事を監視されているのでは、ダメ出しされるのではとどんどん不安が溜まり、最終的に大爆発、一日休み、一日遅刻したという話をしたら、「クスリだけでなく、カウンセリングをやってみようよ」との提案を先生からもらった。私の思考回路は完全に歪んでいるのでそれをよくしていこうということだと思う。

先生からは、「今まで親子関係でいろいろあったと思うけど、親を超えなさい」と言われた。親を超えられたら、私は少しでも真っ当な人間になれるんだろうか。いざカウンセリングやりましょうと言われるとどんな感じなんだろうと不安になるけれど、自分を変えるためにはこういう挑戦も必要なのかもしれない。先生とこの話をするだけでも泣きそうだったので、カウンセリングでは尋常じゃないくらい泣くことになるんだと思う。そんな2017年の始まり。

迎春

f:id:lovinson20go:20170103103800j:image

 

あけましておめでとうございます。

なんとか2016年を乗り越え、2017年という新しいステージに突入です。

昨年は病や仕事のストレスに振り回され苦しい思いをすることが多かったのですが、今年は何事にも惑わされず、焦らず、慌てず、シンプルに一日一日を過ごせていけたらと思います(と言いつつ、早速、夢で先輩にボコボコに怒られる夢とか見てますが…)。

今年もよろしくお願いいたします。

holiday

ちょっと日常

f:id:lovinson20go:20161225170307j:image

 折角の連休だったので、行ってみたかったブルーボトルコーヒーに行ってきました。カフェインで体調が悪くならないように、平日はなるべくコーヒーを飲まないことにしているので、「コーヒー=休日」という方程式が私の中にあって、コーヒーを飲む度に幸せな気持ちになるのでした。 

昔の自分を振り返ろうと思い、このブログの過去ログを見ていたのですが、変わっている部分(以前よりも体調がよくなっている模様。頭がぐるぐるして街中でパニックを起こすことがなくなったし、リーマスの減薬も成功したし)もあれば変わっていない部分(思考的には変わっていない部分の方が多くて悲しい…)があることがよく分かりました。ただあまりにもネガティブな記事が多くて読んでいて、「これは大丈夫なのか…(ある意味黒歴史かもしれない)」と思ったので記事を整理しようと思います。全て消す事も考えましたが、こんなブログでも、もしかしたらうつ病を患っている方のヒントになるかもしれない(思春期にうつ病になりつつも、現在はなんとか社会人として生活しているので…)ので全て消すのは止めようと思いました。 

最後に読んで下さっている皆様、本当にありがとうございます。こんな風に好き勝手にやっていますが、基本的にはぼちぼち続けますので気が向いたら読んでやって下さいね。というわけで師走のブログ大掃除計画でした。

違い

私の思考回路が他人と全く違うことを痛いほど理解する。感覚が全く違う。健常者に自分のことを理解してもらいたいという欲求があってはいけない、それは無理なことだからと何度も思ってきたけれど、それでもやはり悲しいし寂しい。家族でさえそうなのだから、世間じゃ尚更だ。

永遠に孤独の海で揺蕩う。風呂場でひたすら頭を抱えながら嗚咽を漏らして呼吸が浅くなって意識が遠のく。その繰り返し。

 

あれほど死ぬのを怖がっていた二階堂奥歯が死ぬことができた理由を分かったら私も死ねるのかもしれない。

笑うわ

この世は大体愛想のいい人間に有利なようにできていて、にこやかに素直にしているふりをすればどうにかなる。そうやって社会に擬態すればいい。

思うことは、今目の前で笑っている貴方達に、「私は精神疾患があります」と言ったらどんな顔をするのだろうということです。ああ、笑うわ。

風のように月日が過ぎていく

ここのところ体調が芳しくなく、肌荒れ・口内炎・意識が飛びそうになる・右目がずっと痙攣しているなどなど散々で、メンタル的にも辛い時期でした。会社でも調子が悪過ぎて無言・無表情で仕事をこなすのが精一杯で、周りの人に愛想よくできなかったので、「最近moiさん怖いよ…」とびびられていました…流石に会社では泣きませんが、家に帰ってから号泣する日が続き、希死念慮も最高潮、遺書を書こうか、死に方はどうしようかなどと延々悩んでいました。今は波を越えたらしく、精神科の通院日に先生と話して、目の痙攣も抑えられるからとリボトリールを頓服で出してもらいました。あとは、ビタミンが多く入っている飲み物やらチョコラBBを飲む、スキンケアを見直すなど工夫し、ようやく落ち着くことができました。

そんなことを二週間近くやっていたので、気がついたらもう師走でした…早すぎる。師走は大きな仕事があるのと、部の幹事をしているので忘年会やら御用納めやら不安なことが多々あります。私、すぐ慣れていないことには不安になるんですが、その原因は「失敗するのが怖いから」なんですよね。自分の中の自分のイメージが立派過ぎて歪んでいるので、そのイメージの自分は失敗なんかしないで物事を何でもすいすいこなせちゃうんですよね…この自己イメージを直したい、等身大にしたい、というのが最近強く思うことなのですが…難しい。( ;  ; )