fragrance of syrup

うつ病・HSP持ちのどうしようもない思考記録

rainy days

職場で落ち込むことがあって、気分がどんよりしていた日。久しぶりに残業をせず、早く帰宅したのでちょっとお茶して帰ろうと思い、駅の近くのカフェへ。ホットのロイヤルミルクティーを飲みながら、Hoodのアルバムを聴く。そしてガラスの外でしとしと降る雨…

風に乗って消えた

連日の低気圧攻撃で瀕死寸前。嫌な記憶ばかりフラッシュバックするし、抑うつ思考がポンポンと出てくるし、完全に低気圧にやられています。あと、先日誕生日を迎えたのですが、私は誕生日というのがどうも苦手で、誕生日と聞いただけで身体が強張るというか…

階段

階段が怖い。いつ足を踏み外して落ちてしまうか、そればかり気にしている。私は一度足を踏み外して落下してしまったけれど、そこからなんとか態勢を整えてまた階段をそろりそろりと登り始めた。もう二度と足を踏み外したくないという強い恐怖心とともに。一…

中途覚醒の深夜2時

中途覚醒ばかりしている深夜2時。無音の世界で生きているのか死んでいるのか分からなくなる。 それでも朝は来るし、梅雨と台風とpmsのトリプルで私は緩やかに死にたい。

die

ある親子とすれ違ったとき、その父親が幼い子どもに、「早く死ぬか遅く死ぬか、ただそれだけの違いだよ」と話していて、本当にその通りだと思った。 早く死ぬか遅く死ぬか、ただそれだけの違いなんだよ。ただそれだけの違いのはずなのに、どうしてこんなにも…

FP3級を受けてきました

先週、FP3級を受けてきました。試験終了後に解答が公開されたため、自己採点してみましたが結果は合格の模様(まだ油断できないけど)。 繁忙期に突如、資格を取ることを思いつき、毎日通勤電車の中でテキスト・問題集をやる日々…試験3週間前をきってからは…

感受性が豊かであるということ

休日の夕方、食料品を買いに行った帰りに、炭酸水を飲みながら歩いて、ふと空を見上げたとき、綺麗な青空にうっすら日が暮れかけていて、そしてそこには飛行機雲が伸びていて、ただその美しさだけで、私はたまらなく泣きたくなる。カウンセリングを受け始め…

生き残るなんて

最近、再びART-SCHOOLブームが来ていてよく聴いているんだけれども、「KILLING ME SOFTLY」という曲の歌詞に胸を打たれてしまった。 生き残るなんて馬鹿みたいだけど もがいていたほうが綺麗だって 4月から大変な状況であることは明白だけれど、もがいていた…

春の嵐が丘

毎年、春先は調子が悪くなるのですが、今回も案の定です。首を絞められるような息苦しさと焦燥感に襲われて、あー、この感覚を私は知っているぞと思って考えたら、あれです、春です。春が原因です。私はこの先どうなってしまうのだろう。春が私を優しく殺し…

未熟と大人

仕事などで精神的ストレスを受けた場合、それを自分一人で解決することができない。誰かに助けを求めて泣いて喚いて暴れてようやく鎮火する。自分の精神的な未熟さに本当に嫌気がさす。今年で27歳になるのに、私は相変わらず未熟だ。歳をとれば大人になると…

命を削る

命を削って生きている感覚。 「いつか、突然電池が切れるように動かなくなる日が来る気がして仕方ないんです」と言った後輩の言葉がよく分かる今日この頃です。 どんどん荒削りして消えてしまいたい。

感覚

恋人が、「自分はまだ死ぬつもりはないし、生き続ける」って言っていて、その感覚の方が生物的にはあってるんだろうなと思った。私の感覚だと、みんな一回は自殺未遂をしていて、なるべく早めに死にたいと思っている、という感じ。目から鱗。

メンタルヘルス本⑨

年が明けて初めての更新になります。死んでません、生きています。今年も度々襲ってくる希死念慮に負けず、なんとか生き残りたいです。 さて、今まで更新もせずに何をしていたかと言えば、いろいろ読んでました。↓ 一流の狂気 : 心の病がリーダーを強くする …

本当の自分

うつ病を発症して10年が経つけれど、ふと不安になることがある。今の自分は本当の自分なのか。もしかしたら、うつ病やクスリによって本当の自分はかき消されて、うつ病やクスリによって生み出された人格が今の自分を支配しているんじゃないか。うつ病になる…

病みつつ生きること

台風21号の影響か、とても辛い数日を過ごしております。胸騒ぎとぼんやりとした希死念慮。低気圧の時は体調が悪い。そんな中で思い出す言葉。「重要なのは、病から癒えることではなく、病みつつ生きることだ。 (アルベール・カミュ)」ツレうつでもあったけ…

距離感の大切さ

うつ病を発症して早10年。相変わらず服薬しており、一か月に一度通院はしていますが、会社員としてフルタイムで働く(しかも残業もしている)ことができている自分に驚かされます。数年前はこんな未来は描けなかった…とは言っても、まだまだいろんな人の援助…

猛省

いくらよくなってきたとは言え、予定を詰め込んではいけないと深く反省した日曜日だった。病人は緩やかに生きるべきなのだ。私達は普通じゃないのだから。隣にいる人が健常だと自分もそうなんじゃないかという錯覚に陥るけれど、そんなことは決してない。悲…

生きています

お久しぶりです。だいぶ更新が開いてしまいましたが、生きています。死んでいません(精神疾患のある人がブログを更新しないと死んでしまったんじゃないか…と思うのは私だけでしょうか)。 新しい部署に配属されて、右も左も分からないながらがむしゃらに頑…

夏が来る

「夏が来る」 この一か月パワハラが続き、いろいろと考えさせられました。パワハラってどんどん自信や意欲を吸い取っていきます。心が壊されていく感覚。一時期は自分が全面的に悪いからこういう目に遭うのだという思考が離れず、とてもしんどかったです。今…

カウンセリング反省会

昨日はカウンセリングの日でした。カウンセラーさんには前回、パワハラを受けた話をしていたので、異動することになりそうだという話と、異動するにあたっての罪悪感や不安感などを中心に話しました。 カウンセリングで話しているときも気づきはあるのですが…

自問自答

かなり期間が空きましたが、その間いろいろありました。あまりこのブログでは直接言及してこなかったのですが、3月から4月にかけて直属の先輩からパワハラを受けていました。でも自分としてはパワハラだと思っていなかったので、精神科の通院時に主治医とそ…

メンタルヘルス本⑧

この頃、早朝覚醒してしまうので、開き直って朝早くから活動してみてます。電車に乗って散歩に行ったときに撮った写真 。川辺でぼんやり。 最近、首に問題が発生したので医療費が倍増することとなりました…このままではヤバいし身体もだいぶ歪んでいるだろう…

カウンセリングを受け始めました

ようやくカウンセリングの順番が回ってきまして、2回カウンセリングを受けました。基本的に私が話したいことを話して先生に聞いてもらう。そして先生から話を促してもらうというスタイルで進んでいます。少しずつ言語化しては号泣するという状態です。実際に…

春はなんか優しくて残酷

寿命がくるまで淡々とやるべきことをやる、そんな感覚。曜日感覚がない。さっき今日は木曜日なのかと気づいた。 最近会社で笑うことが減った。人間関係がうまくいかないとこんなにも辛いのかとしみじみしている。だんだん、あの人は私の敵なのでは?あの人も…

ダウト

会社の人から、「10年後はどうなっててほしいですか」と聞かれたら、「そうですね、結婚して子供がいるといいなって思います」という嘘を平気で吐くくらいには、私は嘘の塊で、決して私に「ダウト」と声を上げる者はいないのであった。この世界はそういう世…

一週間を振り返る

人間関係が自分の精神状態に大きな影響力を持っていることを嫌というほど自覚する一週間だった。またたくさん泣いた。もう苦しい思いはしたくない。(もっと気軽に写真が撮れるように半年前にボーナスで富士フイルムのミラーレス一眼を購入したのですが、色…

春を待つ

激しい気温差や春の嵐や会社でのストレスにすっかりやられ、二日会社を休んでしまった。朝、出勤準備までして扉に向かったら涙が出てきて止まらなくなった。家族に休めと言われてようやく安堵した。会社に電話して頓服薬を二錠飲んで半日以上眠った。起きて…

どこにも行けない

私、もうどこにも行けない。もう進むことのできる唯一の道は自殺しかないという結論に何度考えても至ってしまう。会社から帰宅していのちの電話に電話しようか考えて、とりあえず前にインターネット相談でもらった返信メールを見て我慢する。 部屋のラジオが…

空虚

どうして、私はすぐに死にたいと思ってしまうのだろう。どうして、私はすぐに自分がこの世界に要らない人間だと思ってしまうのだろう。分からないまま遺書を書いては破るを繰り返す。遺書といっても特に書くこともないけれど。 正常正常正常正常が欲しい。健…

メンタルヘルス本⑦

私がどうしようもなく抑うつに襲われ、悲しい思考しかできなくなるときは少なからず、以下の要因があると思う。 ・寒いとき(寒いと悲しくなってくる。自宅で悲しみに暮れていたとき、マフラーを巻いて過ごしてみたら気持ちが少し楽になったし、温かい飲み物…