読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fragrance of syrup

うつ病・HSP持ちのどうしようもない思考記録

他者だけでなく、自分にも優しく

この頃、早朝覚醒してしまうので、開き直って朝早くから活動してみてます。電車に乗って散歩に行ったときに撮った写真 。川辺でぼんやり。 最近、首に問題が発生したので医療費が倍増することとなりました…このままではヤバいし身体もだいぶ歪んでいるだろう…

カウンセリングを受け始めました

ようやくカウンセリングの順番が回ってきまして、2回カウンセリングを受けました。基本的に私が話したいことを話して先生に聞いてもらう。そして先生から話を促してもらうというスタイルで進んでいます。少しずつ言語化しては号泣するという状態です。実際に…

春はなんか優しくて残酷

寿命がくるまで淡々とやるべきことをやる、そんな感覚。曜日感覚がない。さっき今日は木曜日なのかと気づいた。 最近会社で笑うことが減った。人間関係がうまくいかないとこんなにも辛いのかとしみじみしている。だんだん、あの人は私の敵なのでは?あの人も…

ダウト

会社の人から、「10年後はどうなっててほしいですか」と聞かれたら、「そうですね、結婚して子供がいるといいなって思います」という嘘を平気で吐くくらいには、私は嘘の塊で、決して私に「ダウト」と声を上げる者はいないのであった。この世界はそういう世…

一週間を振り返る

人間関係が自分の精神状態に大きな影響力を持っていることを嫌というほど自覚する一週間だった。またたくさん泣いた。もう苦しい思いはしたくない。(もっと気軽に写真が撮れるように半年前にボーナスで富士フイルムのミラーレス一眼を購入したのですが、色…

春を待つ

激しい気温差や春の嵐や会社でのストレスにすっかりやられ、二日会社を休んでしまった。朝、出勤準備までして扉に向かったら涙が出てきて止まらなくなった。家族に休めと言われてようやく安堵した。会社に電話して頓服薬を二錠飲んで半日以上眠った。起きて…

どこにも行けない

私、もうどこにも行けない。もう進むことのできる唯一の道は自殺しかないという結論に何度考えても至ってしまう。会社から帰宅していのちの電話に電話しようか考えて、とりあえず前にインターネット相談でもらった返信メールを見て我慢する。 部屋のラジオが…

空虚

どうして、私はすぐに死にたいと思ってしまうのだろう。どうして、私はすぐに自分がこの世界に要らない人間だと思ってしまうのだろう。分からないまま遺書を書いては破るを繰り返す。遺書といっても特に書くこともないけれど。 正常正常正常正常が欲しい。健…

悲しい思考になるときの要因

私がどうしようもなく抑うつに襲われ、悲しい思考しかできなくなるときは少なからず、以下の要因があると思う。 ・寒いとき(寒いと悲しくなってくる。自宅で悲しみに暮れていたとき、マフラーを巻いて過ごしてみたら気持ちが少し楽になったし、温かい飲み物…

孤独感

精神疾患を誰にもカミングアウトできない。だから体調の悪いとき、自分の孤独感から逃れられない。寂しいし不安だし怖いし苦しい。残業続きの日々の中、帰りの電車で疲れ果てた私は誰にも分からないようにこっそり泣いて今日を終えるのだ。 私、ずっとこんな…

結局帰ってくる

年明けて少しは希死念慮マシになったかなと思ったけどダメだった。仕事で失敗したらもう脳内には「お前は価値がない、生きてる価値がない」の嵐だし、無意識に身体つねったり、かきむしったりしてるし(仕事中なのに)、声に出さずに死にたい死にたいって言っ…

ここ最近思うこと

ここ最近、生かされていると思うことが多い。あと一歩間違えば大きなダメージを受けるところだったのを寸前のところで、ほんの些細なことで免れている感じがする。そのことに気づくたびに震えるとともに感謝するのであった。誰に感謝してるのかはよく分から…

I・N・M

誰も私のことを必要としていないということが事実であったなら、それはとても悲しいことだけど、せめて私だけは私を必要としていたい。 I need myself. syrup16g のI・N・Mを聴きながら思ったこと。

カウンセリングをやることになった

新年一回目の精神科。 年末は仕事が忙しく大きな仕事があったり、忘年会や仕事納めの幹事をやったりとてんてこまい、さらに先輩が不機嫌な日が多く、それに振り回されていたこと、家では、発達障害の父親の不機嫌に振り回され、ストレスが募りに募り、毎日毎…

迎春

あけましておめでとうございます。 なんとか2016年を乗り越え、2017年という新しいステージに突入です。 昨年は病や仕事のストレスに振り回され苦しい思いをすることが多かったのですが、今年は何事にも惑わされず、焦らず、慌てず、シンプルに一日一日を過…

holiday

折角の連休だったので、行ってみたかったブルーボトルコーヒーに行ってきました。カフェインで体調が悪くならないように、平日はなるべくコーヒーを飲まないことにしているので、「コーヒー=休日」という方程式が私の中にあって、コーヒーを飲む度に幸せな…

違い

私の思考回路が他人と全く違うことを痛いほど理解する。感覚が全く違う。健常者に自分のことを理解してもらいたいという欲求があってはいけない、それは無理なことだからと何度も思ってきたけれど、それでもやはり悲しいし寂しい。家族でさえそうなのだから…

笑うわ

この世は大体愛想のいい人間に有利なようにできていて、にこやかに素直にしているふりをすればどうにかなる。そうやって社会に擬態すればいい。 思うことは、今目の前で笑っている貴方達に、「私は精神疾患があります」と言ったらどんな顔をするのだろうとい…

風のように月日が過ぎていく

ここのところ体調が芳しくなく、肌荒れ・口内炎・意識が飛びそうになる・右目がずっと痙攣しているなどなど散々で、メンタル的にも辛い時期でした。会社でも調子が悪過ぎて無言・無表情で仕事をこなすのが精一杯で、周りの人に愛想よくできなかったので、「…

この世は地獄

今、生きていることは何かの罰で、罰だからこんなにも苦しくて生きづらいのだと思う。この世は地獄で人間はみんな怖くて、夜が来て朝が来て、繰り返される地獄。夢の中だけでも幸せでいたいのにどんどん人が殺されていく。だから毎日、私は死ぬことばかり考…

沈む人

ここ六年の間に出会った人達には一切病のことはオープンにしていない。人を信用できないから。見た目じゃ全く分からないから成せることかもしれないし、人を信用できないからここまで来たよ。ちっぽけな自意識を狂わせてここまで来たよ。 でも自分一人で抱え…

休日の朝

休日の朝、平日より1時間遅く起きてコーヒーを淹れる。コーヒーのいい匂いにうっとりしながら休日がやってきたことを実感する。この時間が好きです。 だいぶ寒くなってきたので普通のマグカップにコーヒーを入れるとすぐ冷めちゃうんですよね。最近はTHERMOS…

私は余生を生きている

寒いと不安になる。暗いと不安になる。だから冬は怖い。私はきちんとまともな私を保てているのだろうか。道行く人に尋ねて回りたいくらい不安。一生懸命頑張ってもあいつはダメだと他者に陰で笑われているイメージが脳裏に浮かぶ。ダメな人間という烙印を私…

走るようになりました

昨日は天気が悪く、冷たい雨に降られた一日でした。低気圧のせいか私の精神もかなり辛く、仕事中に胸の圧迫感があり、呼吸が浅く、息苦しい状態でした。頭の中ももちろんぐるぐる。猛烈な不安に襲われ、なんとか家にたどり着いてからは号泣。頓服薬のソラナ…

HSPの貴方におすすめする本

私はHSP(Highly Sensitive Persons「とても敏感な人」)です。繊細でどちらかと言えば内向的な人が多く、何に対しても過敏なので人や物事に接しているうちに自然とエネルギーを消耗し、気づけばぐったり…なんてことも。インターネットで検索するとHSP診断な…

微かな記憶

頓服薬を飲んで倒れるように昏睡した午後保健室のベッドの中から聞く誰かの悲しみ先生が淹れてくれた温くてほとんど味のしないお茶彼女の頬に残る涙の跡すっかり緩くなってしまったスカートあてもなく飛び乗った京浜東北線、終点まで行こうとしたけれど無理…

何かの境目

小雨の降る中、私の目の前を男女が二人並んで歩いている。何故か男性は傘をさしているが、女性は傘をさしていない。しかしそれを気にも留めないで男女は会話を続けている。ただ、それだけ。傘をさしているかいないか、それだけ。しかしこの差がもしかしたら…

今も昔も焦ってばかりいる

こんな世界で正常でいられる訳がない。それでもまだ正常な奴はどこかがおかしい。小さい頃から急かされて生きてきたため、急かされていなくても焦るようになってしまった。仕事において焦りは禁物だというのに。両親の機嫌を損ねないように必死で慌てながら…

生きていたいと思わなくていい

生きていたいと思わなくていい。無理して生きなくちゃなんて思わなくていい。罪悪感なんて感じなくていい。ただ流れに任せればいい。そう思うと少し肩の力が抜ける気がする。

ちゃんとやれてる、はず

朝6時に起床し、7時過ぎに家を出て、満員電車で椅子取り合戦。そして8時半に会社に着く。仕事が始まり、なんとか仕事をしながらもつぶやく言葉は「死にたい」で、でも声には決して出さないから、そんなこと言ってるとは誰も気づいていない、はず。18時頃に定…

連日の雨は確実に私の精神を蝕んでいく

ここのところ、雨ばかりで低気圧がひどいのか、体調が芳しくありません。最近飲まなくても大丈夫になっていた頓服薬のソラナックスを引っ張り出してきては飲む日が続いています。明日からの天気も雨、雨、雨、雨。何故こうも雨が続くのでしょう。秋雨前線?…

私は自分を責めるのが得意

まるで極悪非道の鬼のように自分自身に厳しいので嫌になる。些細なことでも、「ああすればよかったんだ!どうしてそれに気が付かないんだ!」とか、「それっぽっちのこともできないのか!クズが!」とか心の中で散々に自分自身を罵倒してしまう。そうすると…

死にたい季節

コピー機のボタンを押し間違えた、コピーを始めてから間違えたことに気づく、そして生まれる不要な紙。無駄になる紙。ただそれだけのことなのに、私は私をきつく責める。コピーをとる、それすらお前はまともにできないのか。出来損ない、クズ。脳内のささや…

どうして自分がここにいるのか分からない

なんで私はこの部署でひたすら数字とにらめっこしているのか本当に理解できない。頭が足りない。本当に自分って馬鹿だなと思う。 低気圧のせいか眠気がひどい。PMS対策のサプリメント(PMS・月のお悩みをサポートケア・サプリメント「女性のミカタ」です、本…

疎遠になった友人の夢を見た

もう数年連絡を取っていない友人の夢を見た。なんで見たんだろうと考えて気がつく。寝る前に「岡崎に捧ぐ」を読んだからだ。岡崎に捧ぐ 1 (コミックス単行本)作者: 山本さほ出版社/メーカー: 小学館発売日: 2015/05/20メディア: コミックこの商品を含むブロ…

私の頭の中のHDDは脆い

クスリを飲んでいるせいか、うつのせいか、記憶力がかなり悪い。あと健忘。ちょっとした物事の名前が分からなくなってしまう。テレビに出ている芸能人、最近会っていなかった同級生、そして毎日会ってる同じ部署の先輩の名前まで分からなくなる。ああ、やば…

ダチュラ

過敏性腸症候群でまた体調が悪くなってきた。仕事場にいるとお腹にガスが溜まって苦しくて仕事に集中できなくなる。ところが帰りの電車に乗ればそれはどこへ行ったのか、全然平気なのである。完全にストレス。本当に勘弁してほしい。正常な人間になりたいだ…

この世は大体嘘でできている

何が「自分、嘘とか嫌いだから包み隠さず話すタイプの人間なんですよ〜」だ?この世は大体嘘でできてるのに何を言ってるんだこの能天気野郎は…嘘をつかない人間なんて信用できない、そう思いながらヘラヘラ笑っているだけの人間が私です。もう嫌だこの世界。

思考が回る

今日の昼間はとても調子が悪くて、仕事をしながらも思考はぐるぐるぐるぐると回り、照準を定められないまま苦しい思いでいっぱいだった。誰か助けて誰か助けて、そればかり。仕事をしているときは頓服が飲めない。苦しい。頓服を飲んでしまうと頭がボーッと…

心に秘める

正常 異常 正常なあなたと異常な私の境界線 頭が回らない まるで脳に損傷を受けたかのよう クスリで正常なふりをしていますが、本当は頭がおかしいんです 萎縮する脳 不安定な記憶、憶えているのは恐怖を感じたことと悲しくてたまらなかったこと。 一番古い…

全ては無意味でしかない

今、読んでいる本について。 「生きづらさ」を超える哲学 (PHP新書) 作者: 岡田尊司 出版社/メーカー: PHP研究所 発売日: 2008/12/16 メディア: 新書 購入: 4人 クリック: 10回 この商品を含むブログ (5件) を見る 岡田尊司氏の本を何冊か読んできたけれど、…

健常であるふりをする

先輩達がふざけ合って、「こんな調子じゃうつ病になっちゃうわ!」と言ってるのを何事もないように聞いて笑うふりをするくらいは容易く、「◯◯さん、うつ病になっちゃったんだって、ヤバイよねえ」という噂話にも驚いたふりをしながら同情するふりができる。 …

無意識の自傷

私はリストカットはやりませんが、小さい頃から自分を叩いたり引っ掻いたり、あとは髪の毛を抜いたりする癖があります。そして昨日は仕事をしながらひたすら指の皮を剥がしていたせいで、気がつけば肉が見える状態まで剥がしていました。痛い。非常に痛い。…

誕生日でした

25歳になりました。四半世紀も生きてしまいました。 歳を追うごとに誕生日の特別感というのが薄まってきていますが、少ないながらも自分の大切な人から祝ってもらえるのはとても嬉しいことなのでした。ありがとうございます。

脳内で悪魔が囁く

一生懸命、本当に一生懸命働いているけれど、毎日のように脳内で私を苦しめる囁きが聞こえてくる。 「お前は本当に仕事ができないな」 「あれでよかったと思ってるの?ダメに決まってるじゃない?」 「情けない奴だな、みんな呆れてるよ」 「その程度のこと…

うつ病どハマり

今日付けで同期が一人辞めた。いろんな理由があると思うけれど、変なところばかりの意味の分からない人間に囲まれなくて済むようになるのはうらやましい。でもすごく寂しい。同期が一人いなくなるだけでこんなに悲しいんだって吃驚した。部署もフロアも違う…

こんなふうに産んでごめんね

会社で隣の席に座っている先輩が機嫌が悪いとモノや人に当たるタイプの人で辛い。父親と似ているのだ。そのせいで過去のことがフラッシュバックして強い恐怖を感じてしまい、パニックになる。頭の中がぐるぐるしてとてもじゃないが仕事ができない。そのこと…

私は異星人

神様が遠回しに私を殺しに来てる。外堀からじわじわと私のことを。 いつも思うこと。私は本当は人間じゃなくて、地球に送り込まれた遠い彼方の星の異星人で、だけど普段は人間の皮を被って生活してる。いつか同じ星の生命体に迎えに来てもらう日を待っている…

どちらが不幸か

欲しいものが手に入らないことと欲しいものが見つけられないこと、どちらの方が不幸なんだろうという細やかな疑問。

通り雨と最悪

天気予報は晴れだったのに、いきなり通り雨が降ってきた。慌てて近くのコンビニの前で雨宿りをする。しばらくすると十代くらいの女の子二人組が走りながら私の隣にやってきた。 「もう、最悪〜」 「本当だよね、最悪だわ」 その二人はコンビニの中に入り、ビ…