読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fragrance of syrup

うつ病・HSP持ちのどうしようもない思考記録

虚しいのがステータス

うつ病特有だか何だか知らないが何をやっても虚しく、そのことに対して焦りを感じて何かやって落ち着かせようとしてまた虚しくなってを繰り返していたけれど、虚しいというのが私にとっての通常のステータスなのかもしれないと思ったら腑に落ちた。虚しいな…

何事においても考えすぎてしまう

考えすぎてしまうから苦しいんだって分かってはいるんだけど止められない。自動思考って感じ。何をするにも思考がつきまとってくる。何も考えずに楽しいことを楽しいものとして享受すればいいのにそれがなかなかできない。空虚。これでいいのかなって何度も…

僕たち、正常になりたかったね

本当は健康な身体と健康な精神が欲しかった。どこを探しても売り出されていない、資本主義の世界においても買えないもの。攻殻機動隊を観ていると、早く全身義体のサイボーグになってしまいたいと思うことがある。でも脳は電脳化できたとしても、精神にまで…

OMOIDE IN MY HEAD状態

今日は午後から晴れた。久しぶりに新宿に行って整理整頓して売りに出すことに決めていた洋服を売った。素敵な人に着てもらってねってお別れした。それと同時に新しい洋服を買った。嬉しい。仕事でも着られる。ICBの黒いワイドパンツ。上に明るい色のトップス…

大阪旅行

東京駅から新幹線に乗るときは店舗もあまりないから普段行かないDEAN&DELUCAでサンドイッチと飲み物を買うのが一つの楽しみなんです やらねばならない仕事を片付け、土曜日の朝イチで東海道新幹線に飛び乗って大阪に行ってきた。そして今は帰りの新幹線に揺…

たくさんの太陽に救われてる

最近、心が荒んでいてこのブログでも散々撒き散らしているのですが、日常生活においても独り言が「死にたい」とか「みんな死んでしまえ」とかで、すっごく悲しい。昨日は精神科の通院日で、腎臓のためにもリーマスを減薬することになった。主治医と話すのは…

春と憎悪と真実

春の嵐とPMSによる希死念慮が頭の中を駆け巡りながら時は過ぎ、春が来て桜が咲いた。それだけ。真実。 私は恐怖心を感じやすいのだが、最近その恐怖心を怒りに転換することで恐怖心を和らげている。そうすると隣に座っている先輩や父親に対して強い恐怖心は…

金曜日には希死念慮が待ってる

「メンタル強いね」って上司に言われて心の中で大爆笑した。一個上の先輩には円形脱毛症になったことを告白されて「メンタルぼろぼろなんだ」と泣きつかれた。そしてそれらに対して健常者のふりしてにこやかに相槌を打つ。 そんなことを毎日してると金曜日は…

いのちの電話インターネット相談から返事が来た

先日、体調が悪過ぎて希死念慮が止まらず、このままでは勢いで死んでしまうと思い、咄嗟に検索したのがいのちの電話インターネット相談。文字制限ギリギリまでに詰め込んだ悲鳴に数日経って返事が返ってきました。優しい返事でした。あんな重たい文面をきち…

希死念慮がない人がいるらしい

物心ついたときから私は希死念慮と一緒だった。実際に5歳頃に飛び降り自殺をしようとしたこともあった(失敗したけど)。脳内の片隅にそいつはいて、いつも私にちょっかいを出してくる。必死に追い払おうとするとそいつはケラケラ笑いながら軽々と脳内を走り…

なんだか滑稽な話

同じ部の先輩が過敏性腸症候群らしく服薬をするようになった。私がお昼休みに給湯室でお弁当箱を洗っている(お弁当作って持っていってる)と、ちょうど先輩がやってきて服薬をするのだが、それは私に対して「弱った自分を見てほしい」、「心配してほしい」と…

心に朝が来た

金曜日あたりから精神的に気持ちが落ち着いてきて、今朝はだいぶ気持ちが楽だ。カーテンを開けて朝日を浴びながら、ふと、「ああ、心にも朝が来たなあ」と思った。 書いた遺書を捨てた。今読むとご丁寧に葬式についてや少ない財産の話なんかもしていて、パニ…

私を生かしているもの

私を生かしているのは、何事に対しても感じる強い恐怖心と精神疾患を隠してでも健常者のように生きてやるというちっぽけな自尊心だけ。

大きな物音立てないでほしい

機嫌が悪いときに大きな物音を立てる人が嫌いだ。物に当たる人が本当に嫌いだ。 他人に当たるのも嫌だけど、物に当たられるのも怖い。恐怖を感じて内臓がきゅっと苦しくなる。父親がそういう人なので、小さい頃から恐怖を植え付けられているみたい(あとはHSP…

ペルソナは生存戦略

うつ病になってから涙が出やすくなった。些細なことでも涙が止まらない。よく風呂の中でわんわん泣いている。今年に入ってもう既に何回か泣いている。だが、外ではダメだ。私にはペルソナがある。ペルソナが崩れたら私の生活は音を立てて崩れてしまう。ここ…

私の声

あのときはよかったな、楽しかったなって思うばかりで今が辛いなんてそんなこと止めて、今が少しでも楽しくなるように、精一杯生活してね。泣いてもいいけどときどき笑ってね。どうか。どうかお願いよ。

生きているふりをすればいい

二階堂奥歯の「生きているふりをすればいい」という言葉を思い出す。なんて心が軽くなる言葉なんだろう。 今年で私も二階堂奥歯が自殺した年齢と同じ歳になる。もう南条あやもメンヘラ神もみんなみんな追い越してしまったけれど、私は相変わらず憂鬱な思いを…

あなたはの自我は厄介です

大雪に見舞われた月曜日。家から駅までの1kmの道を何度もつるつると滑りながら歩き、電車に飛び乗る。しかし、電車は満員の満員。駅のプラットホームで電車に乗る人を押し込む係の人(おそらくバイトの人達)が必死に電車の中に乗客を押し込もうとしているの…

彼の最後の虚勢を笑うな

大学のゼミの同期と飲んだ。そのときの話だ。私も二度一緒に飲んだことのある大学の同窓生がうつ病になったらしい。彼は大手の証券会社に就職した期待の新人だったが、仕事の過酷さからうつ病になった。休職することになり、実家に帰ったそうだが、今度はア…

そういや頭の病気でした

ある物事に対して病的なまでに反応し、様々な感情に振り回される。そういうとき、「本当に自分は頭がおかしいんじゃないか」と恐ろしく思うのですが、あ、頭の病気(うつ病他)だったわ、おかしいんだったわと気づいて一人納得するのです。「ああ、やっぱり…

脳が痛い

最近、仕事で始終考えに考え続けているせいか、頭の中がぎゅうっと締め付けられるような痛みが。脳はもう限界です!と言っているかのような感覚。もはや頭というより脳と言いたい。脳、脳が痛いです。 とにかく今できることをやるしかないので、毎日必死に頭…

セールに行ってきました

新宿でやっているセールに行ってきました。セール初日ということでものすごいお客さんの数でしたが、セールのお祭りみたいな雰囲気や「可愛くなりたい!」という熱い想いを胸にセール会場という戦場で戦う女の子たちを見ることができたのでOKです。ああ!日…

仕事納めでした

昨日は仕事納めだった。 会社の上司や先輩たちは優しい人が多いので、「この9ヶ月よく頑張ってたね」と言ってくれる。本当にありがたい。しかし、「頑張ってたね」って言葉は成果を出していない中で辛うじてポジティブな評価をしたいときに使う言葉だと思う…

メンタルヘルス研修受けてきました

会社のメンタルヘルス研修で、意味があるのかないのか分からないが一時間のカウンセリング体験をした。臨床心理士の女性と一時間淡々と話をしてればいいんだから、なんと楽な仕事だろう。と、思っていたのだが… 「あなたは今、自分の仕事と合っていないとこ…

私の願い

いつか、私の呪いを解いてくれる誰かに出会いたい。

真面目か!

早く加入した方が保険料が安いし、先進医療は健康保険が効かないのでガン保険に申し込んだ。しかし、まあガン保険の数が多いこと!そしてその内容が複雑なこと!私の性格上適当には選べない。真面目っぷりが発揮される。パンフレットを複数取り寄せ、徹底的…

ポジティブは死ね

この時期、夕暮れ時に外に出ると猛烈に強い不安感と悲壮感に襲われ死にたくなってしまう。何をやっても虚しいし、何かをしなくても虚しい。仕事のできる上司が、「遊びを設定しておいて遊びのために仕事を頑張るぞ!と思ったら頑張れるんだよな~」と言って…

「あなたの中の異常心理」を読んだので記録

会社の近くに図書館があるので本を借りている。なんとなく手に取ったけれど猛烈に面白かったので記録。精神科医の岡田尊司の本。久しぶりのメンヘルブックスです。 あなたの中の異常心理 (幻冬舎新書) 作者: 岡田尊司 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2012/…

dear.自分

誰かに「○○してほしい」とか「何で○○してくれないの」とか、そういうことを考えてモヤモヤするのは絶対に時間の無駄です。誰かに期待するのは止めましょう。自分で動きましょう。動いてみると、案外周りも動き出します。そしたら適度に手を抜いて、周りに任…

相反する行動

日々のやるべきことを淡々とこなし、やがて来るであろう寿命の尽きる日を待っている、そんな生活。 それでも時折希死念慮に襲われ、駅のホームでどの電車に飛び込もうかと考え、家では首を吊る方法やODで死ぬ方法を検索する。そうかと思えば、スーパーで生産…

スマホを忘れて分かったこと

今日は渋谷のミニシアターに映画を観に出掛けたのだが、スマホを家に置いてきてしまった。気づいたのは渋谷に着いてシアターの場所を確認しようとしたとき。しまった…幸いにもそのミニシアターには一度行ったことがあるので何とかたどり着けたが、驚いたのは…

正常が分からない

自分という人間がイレギュラー過ぎて、正常が分からない、普通が分からない。とりあえず恐る恐る動いてみるけれどいつも心の片隅にこれは正常なのだろうか、普通なのだろうかという誰にも言えない不安を抱えている。

妬んでしまうこと

会社の上司が持病の検査のために休みを取っていた。私達にも持病の話題を出してくることもあるし、持病のことはオープンにしている。なんてうらやましいのだろう。どうして病という一括りでは同じはずなのに、オープンにできるかできないかこんなに明暗が分…

心が救われたこと

休日だというのに相変わらず何をしても気分が落ち込むので、「自分はこのまま体調がどんどん悪くなっていってまたあの最悪の日々に逆戻りしてしまうのではないか…」という不安に駆られていた。そんな気分を追い払うため、久しぶりに神社に行ってみた。 私の…

太陽を愛してる

ここ数週間、週末の天候がよろしくなかったために分かったこと。私は「週末に太陽の光を十分に浴びておかないと平日に死ぬ」ということ。 太陽の光を浴びるとセロトニンが出るって本当なんだろうなあ。太陽がないと辛い。もしかして私は地球人ではなく太陽人…

メンタルヘルス研修について

またクスリが元に戻ってしまった。減薬しては元に戻すということをかれこれ数年繰り返している。もう一生治らないのだろうなとぼんやり思う。月2万円弱の出費を続ける日々。これも全て医療保険を使うのが恐ろしいためだ。会社にバレたら終わる。間違いなく終…

地獄へようこそ

最近思ってること。きっとこの世はある者にとっては天国で、ある者にとっては地獄。私は前世で暗殺者だった(と占い師が言っていた)ためにその罪を償うべくこの地獄でもがき苦しむように生まれたのだ。前世に罪のない人間は健康で幸福に生きていけるのだけ…

劇薬飲んで今日も生きてる

劇薬飲んでペルソナ被って平気な顔して今日を生きてるぜ。電車の中で涙が止まらなくなって、首吊る計画立てる日もあるけれど。

嘘っぱち

生きているだけで儲けもんなんて、そんなの嘘っぱちだよ。

幸福は本能にあり

私は本能(生き残りたい)よりも理性(こんな辛い世界なんてさっさとおさらばしてしまいたい)が完全に勝ってしまっている人間なので、幸福に生きることができないのです。私はそのことに気づいてしまったのです。

自暴自棄

私を見捨てないで、私を不安にさせないで、私を自暴自棄にさせないで。少しでも他人が私に興味を持たなくなると不安になる。子どもの頃のことを思い出してしまう。私は相手をされなくなる。ひとりぼっち、ひとりぼっち、ひとりぼっち。もうそんなこと思いた…

月が綺麗ですね

こないだの満月の日に撮影した。仕事の帰り道で、空を見上げて写真を撮っている人がいて。ふと空を見上げたら、そうか、今日は満月だったんだ、私も帰ったら写真撮ろうって。三脚使わなくても設定一つでここまで撮れるものなのですね。 満月に近づくと体調が…

お金を使うことに抵抗感がある話

お金を使うことに抵抗がある。必要最低限の出費(携帯電話代とか交通費とか)ではお金を使うことができるけれど、自分の好きなことや欲しいものに対してお金を使うことに抵抗がある。漫画本一冊買うのにも悩むなんて!どうしてなんだろうってずっと思ってた…

寿命を考える

信憑性はないけれど、うつ病の人は平均寿命に比べて寿命が短いという意見がある。7〜11年短いだとか、50代で死ぬだとか、とにかく早く死ぬらしい。抗うつ薬など身体に負担の大きい薬を摂取し続けたり、ストレスを抱えやすかったりするかららしい。 これを見…

太宰治による答え

私は、死ぬるとも、巧言令色であらねばならぬ。(太宰治「めくら草紙」) 昔はこの意味がよく分からなかったけれど、今なら痛いほど分かる。太宰さん流石です。 大都会を眺めながら、ひたすらそういう事を考えていました。

献血について思うこと

少し前に、会社で希望者を募って献血を行なっていた。私の先輩も献血に参加し、部署に戻ってきた後、包帯を巻いた腕をさすっているのを見て、この人と私は違うのだということをまざまざと見せつけられた。 うつ病患者は献血ができない。向精神薬を服用してい…

涙が止まらない日

希死念慮はどこからやってくるのか。低気圧にやられたのか、仕事から帰宅してからふらふらで体調がよくなかった。それでも家事をやらなければいけないので、皿洗いをしたり、米を研いだりしていた。すると突然襲う希死念慮。止まらない。だんだん、自分はい…

空っぽ

虚しい、空虚だ、空っぽだ、何もない。 どうか貴方たちは幸せな恋愛をして結婚して子ども産んで子育てして、そして平和に生きていて欲しい。私にはその道は遠い。キズモノだから。 このまま定年退職まで働く。そんな生活が何十年も続くのかと思ったら気が遠…

空腹は私の敵です

私は空腹が苦手だ。HSPは空腹が苦手らしいが私も例に漏れず苦手だ。空腹になるとふらふらするだけではなく、思考が全く働かなくなり、頭の中が真っ白になる。そして強い不安感が襲ってくる。パニックになることもある。 職場で仕事をしているとかなり頭を使…

どこか遠くへ

ふと、思う。船に乗ってどこか遠くへ行ってしまいたい。この日常に、期待しない世界に別れを。