fragrance of syrup

うつ病・HSP持ちのどうしようもない思考記録

抜毛癖について

私には幼稚園児のときからイライラすると髪の毛を抜く癖があった。その事を自覚したのは、当時習っていたピアノの練習をどうしてもしたくなくて母親と口論をしていたとき、ふと気が付くと髪の毛を思いきり抜いていた事だった。
それから少し落ち着いたかのように見えたが、小学校4年生のときに新しい小学校へ転校した事で抜毛は再発した。その時は髪の毛よりも睫毛を抜いていた。一度無意識に授業中に睫毛を抜いてしまい、それを偶然友達に見られ、ドン引きされた事を今でもはっきりと覚えている。
次に抜毛が止まらなくなったのは高校生になってからだ。今度は眉毛。眉毛は抜き過ぎて不自然な形となり、友達にもそれを指摘され、ひどく同情を買った。当時撮った写真やプリクラを見ると、明らかに一人だけ眉毛がない。ちなみにその後遺症で、今も眉毛は比較的薄い。
髪の毛に関しては、高校生から現在に至るまで抜きまくっている。下手すると髪の毛だけでなく、とにかく抜けるものは何でも抜きたくなるのである。困ったもんだ。