読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fragrance of syrup

うつ病・HSP持ちのどうしようもない思考記録

妬んでしまうこと

会社の上司が持病の検査のために休みを取っていた。私達にも持病の話題を出してくることもあるし、持病のことはオープンにしている。なんてうらやましいのだろう。どうして病という一括りでは同じはずなのに、オープンにできるかできないかこんなに明暗が分かれるのだろう。保険証が使えることがうらやましい。体調が悪くてもそれを理由に休むことができることがうらやましい。何より偏見を持たれることがないのがうらやましい。
今までたくさんの偏見にあってきた。そのためにどんどん臆病になっていった。自分の病は恥ずかしいものなのだと思った。情けなかった。どうしてどうしてが止まらなかった。そんなのずるいよ。
笑っていたけど心ではいつだって泣いていました。誰も気づかない涙。