fragrance of syrup

うつ病・HSP持ちのどうしようもない思考記録

私は異星人

神様が遠回しに私を殺しに来てる。外堀からじわじわと私のことを。

いつも思うこと。私は本当は人間じゃなくて、地球に送り込まれた遠い彼方の星の異星人で、だけど普段は人間の皮を被って生活してる。いつか同じ星の生命体に迎えに来てもらう日を待っている。でも、それまでは普通の人間みたいにしていなくちゃバレて捕まえられて殺されてしまうかもしれないのに、上手く人間になることができない。化けの皮が剥がれそうになるの何とか誤魔化してる。実は人間みたいになりたいなって思ってる。でもなれないから泣いてます。神様が私をおもちゃにする。
 
まともな人間になりたいだけ。