読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fragrance of syrup

うつ病・HSP持ちのどうしようもない思考記録

疎遠になった友人の夢を見た

もう数年連絡を取っていない友人の夢を見た。なんで見たんだろうと考えて気がつく。寝る前に「岡崎に捧ぐ」を読んだからだ。

岡崎に捧ぐ 1 (コミックス単行本)

岡崎に捧ぐ 1 (コミックス単行本)



その子とは、登場人物の山本さんと岡崎さんみたいに毎日のように遊んでいたから、無意識にそのことを思い出したのかもしれない。どうやら作者と世代がバッチリ被るようで、ものすごくあるあるネタというか、そうそう!と頷きながら読み進めたという…

私達の世代はゲームばっかりして外で遊ばないし、ゆとり教育学力低下で…なんて悪いことばかり言われてきたけれど(子供は何にも悪くないのにね)、ゲームを通すと大して仲の良くない子とでも一緒に楽しく遊ぶことができるという魔法があった。今の子供達はゲーム離れしてると聞いたけど、何して遊んでるんだろうなあ。