fragrance of syrup

うつ病・HSP持ちのどうしようもない思考記録

カウンセリング反省会

昨日はカウンセリングの日でした。カウンセラーさんには前回、パワハラを受けた話をしていたので、異動することになりそうだという話と、異動するにあたっての罪悪感や不安感などを中心に話しました。

カウンセリングで話しているときも気づきはあるのですが、いつもカウンセリング終わりに喫茶店に入って、「カウンセリング一人反省会」をすることで気づくこともたくさんあります。反省会と言っても、手帳にカウンセリング記録として、どんなことを話したか、話していてどんな気づきがあったか等を記録するだけなのですが、やってみると頭の中がさらに整理されて新たな気づきを得られるので続けています。

今回、「異動する」という選択肢を選んだことについて悩んでいたのですが、カウンセリング後の反省会で正解だと思えるようになりました。というのも、私の根底にある三大問題思考、「自分が我慢すればいい」「人から認められたい」「完璧に物事をこなしたい」を手放す選択ができたと思ったからです。

異動しないことで引き続き先輩との関係を我慢することを止め、「出世=人から認められる」という考えを捨て、現在の仕事を完璧にこなせていない自分に対していい意味で諦めの気持ちを持つことができたのです。だからこれでいいんだと思います。正直、静かに消えていくことを自分で選んだとはいえ、ちょっとムカつく(私だけ辛い思いしてない?)部分はありますが、納得できたのでもういいです。

あとは残りの時期を少しでも機嫌よく働ければいいなと思います。