fragrance of syrup

うつ病・HSP持ちのどうしようもない思考記録

夏が来る

f:id:lovinson20go:20160719155150j:plain

初夏の日差しが反射する水辺は美しい。あの日差しがもうすぐやって来るのだと思うとわくわくする。夏が来る。

 

この一か月パワハラが続き、いろいろと考えさせられました。パワハラってどんどん自信や意欲を吸い取っていきます。心が壊されていく感覚。一時期は自分が全面的に悪いからこういう目に遭うのだという思考が離れず、とてもしんどかったです。今はパワハラを客観視できるようになりました。私にも悪いところはあるかもしれないけれど、パワハラをしてくる先輩も悪いのだ、そう思うとだいぶ楽になりました。あと半月で異動できるというのも心の支えになっています。

パワハラを通して自分が気づくこともたくさんありました。

一つめは、「どんなに相手といい関係を築きたいと思っていても、すべての人と友好関係を築くことはできない」ということ。でもそれは「決して自分だけが原因なわけではなく、相手に問題があることもある」ということ。だから諦めることも必要。

二つめは、「他人に認めてもらいたいという思いに囚われた人間は醜く、情けない」ということ。パワハラを受けてから部署の上司や先輩を客観的に見られるようになったのですが、そういう人が多いことに気がつきました。無論、パワハラをしてくる先輩もです。「自分は〇〇をした」「自分のおかげで〇〇できた」、もうそんな話はうんざりです。そしてその姿の虚しさは反面教師だなあ。認めてほしい!認めてほしい!と思って他人に一生懸命アピールする人間の姿は情けないです。 

学ぶことはあったけど、もうパワハラは嫌だなあ。残り半月が勝負です。

広告を非表示にする