fragrance of syrup

うつ病・HSP持ちのどうしようもない思考記録

距離感の大切さ

うつ病を発症して早10年。相変わらず服薬しており、一か月に一度通院はしていますが、会社員としてフルタイムで働く(しかも残業もしている)ことができている自分に驚かされます。数年前はこんな未来は描けなかった…とは言っても、まだまだいろんな人の援助を受けて辛うじてできていることではあるので胸を張って言えることではないのですが…

そんなこんなで10年経ってようやく理解したことがあります。それは「距離感」です。私は今まで家族や元恋人に自分の辛さを分かってほしい、こんな自分を理解してほしいと思っていました。必死で自分の辛さを訴え、相手に理解を得ようとし、そのことが上手くいかないと苦しさが増すという悪循環に陥っていました。しかし、今年に入ってカウンセリングを始め、さらに最近になって付き合い始めた恋人と接しているうちに、ああ、そうかと思いました。他人は結局他人でしかなく、どんなに自分が自分のことを理解してほしいと思っていても、他人は自分を完全に理解することはできません。当然ながら辛い話を喜んで聞きたがるような人間は仕事でもない限り数少ないと思いますし、そのような話を真正面から受け続けているとその人まで倒れてしまう可能性があります。カウンセリングを始めて、自分の心の苦しさを100%ぶつけてもいい存在が生まれたことで他人への要求はかなり薄まりました。それと同時に適度な距離感があると、家族はもちろんのこと恋人とも接しやすいし、友好的な関係を維持しやすいということを実感しました。まあ病状が良好になってきたからこそ余裕を持ってこのように考えられているのだろうなあとも思いますが…仕事環境が変わったこともあり、体力的に辛いことはあっても、精神的にはだいぶ楽です。

うつ病は病気です。精神病だから難しいところはあるけれど、病院はそもそも病気を治すためにあるわけだし、当然ながら精神科医・看護師・臨床心理士とその道のプロが揃っているところです。その人たちの力を借りて今を少しでも生きやすくするということがとても大切なことなんだと思います。そしてそれが結果的に自分だけではなく周囲の人間にとってもヘルシーな生き方なんじゃないかなと思います。

ただ先日、恋人に少し病気の込み入った話をしてしまい、あ、しまったな…と、「重かったよね、ごめん」と謝ったところ、「そんなことないよ、絶対ほかの人には言わないし、そういう話が聞けてよかった」と言ってもらえて、完全に蛇口をひねる必要はないのかもしれないなあとも思いました。少し緩めるくらいならいいのかもしれないな。距離感、まだまだ測っている最中です。