fragrance of syrup

うつ病・HSP持ちのどうしようもない思考記録


安寧を求め、いつも震えていた子供時代はいつの間にか終わっていた。でも私は全く気が付いていなかった。私は大人だった。もう20代後半、あと数年で30歳になる。私には、実はそれなりの距離を飛べる翼があって、自分の意志さえ持てばどこまでもとはいかなくても、ここでないどこかへ飛んでいくことのできる力がついてきているのだ。そのことに旅行中、ふと気が付いた。

今年2回目の減薬をすることができて、あんなに飲んでいたトリプタノールも一日に1錠飲めばいいだけになった(まだ他に飲む薬は残っているけれど)。私の身体を構成する抗うつ剤向精神薬もいつか私の身体から抜け出ていく日が来るのかもしれない。吃驚である。カウンセリングでは、自分のトラウマや日常生活に支障が出ている部分を克服していく方法を臨床心理士の先生と模索しているところで、これが上手くいけば私はもっと軽く生きていけるようになると思う。が、その過程はなかなか険しく、夜中に嗚咽を漏らすこともしばしばある。それでもなんとかなっているのは、恋人を始めとした周囲の人々の優しさがあるからで、そういうものに私は生かされていると日々感じている。特に恋人や友人達は、私を生きる人間にしてくれている。私はこのまま生きていていいのだと思わせてくれる。本当に感謝しかない。感謝の気持ちを持てる余裕が出てきたこともまた感謝でしかない。


もっと回復して、ちゃんと一人でより遠くへ飛び立てるようになりたい。ボロボロだった翼がすっかり癒えたら、真っすぐ飛んでいきたいです。